車種と一口に言うが

車種という言葉は、状況に応じて使い方が変わってきます。その意味を知ることで、しっくりとくる会話を可能にしましょう。

車種と一口に言うが

車種と一口に言うが

皆さんは車種という言葉を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。
車の種類、車の形、車の用途別などなど、様々な解釈があると思います。
大きな辞書で引いてもその定義は様々ですが、一般的に車種という言葉を言われた場合はその用途別という意味合いがいいとされています。
例えば普通乗用車とか大型乗用車とかですね。
しかし、ケースバイケースで車種という意味は変わってきますので要注意ですね。
例えば車屋さんで修理を依頼したり、車検を依頼するとき、必ずといってもいいほど車種を聞かれます。
この場合の車種は通常車の種類の名前を挙げる状況でしょう。
例えば、ハイエースとかスカイラインとかですね。
ただし、車検の取得をしたりする際には両方の意味合いで取れますよね。
普通乗用車としての車検を取り、車種名はクラウンとかですね。
この場合、車の種類という意味で使うときは、車種名という言葉と使い分けているようですね。
また、車検の場合は更に車の形状を問われることもあります。
この場合はクラウンであればセダンというのが回答になりますが、これも車種と呼ぶ場合があります。
他にもステーションワゴンとかバンとか言い方がありますよね。
その他の分類方法としては、ガソリン車か、ハイブリッド車か、電気自動車か。
車のナンバーで分けられることもあるでしょう。
これは特に普通車の場合に起こりうることですが、5ナンバーと3ナンバー、そして7ナンバーなんていうものもありますよね。
このように車種と一口に申し上げても、答えは一つではないということを覚えておきましょう。
別の考え方として、同じ車種名でも形が違っていたり、車種名が違っていても見た目が同じものだってあります。
この言葉は一言では言い表せないくらい奥が深いのです。
今回は分類別に様々な言い方とその言い回し、利用状況を確認するとともに、いざというときにトンチンカンな答えを出さないように、色々な角度からこの車種という言葉を見ていくことにしましょう。